トップページ女性の脱毛症(FAGA)

女性の脱毛症(FAGA)

抜け毛・薄毛で悩む女性の方へ

「FAGA」女性男性型脱毛症について

ジヒドロテストステロン女性型のAGAを「FAGA」女性男性型脱毛症と言います。
近年、このFAGAが急増し、患者数も年々増えてきています。
通常女性にも男性ホルモンが存在し、
男性にも女性ホルモンは存在します。

女性ホルモンの分泌量が崩れることでホルモンバランスが傾き始め、
男性ホルモンの一種「テストステロン」が毛髪や皮脂に存在する
「5aリダクターゼ」という還元酵素により変化を起こし
「ジヒドロテストステロン」というテストステロンとは違う
悪質な男性ホルモンを作ります。

ジヒドロテストステロンは皮脂の分泌量を増やし、
毛穴の詰まりを発生させたり、髪の栄養素となるタンパク質の合成を阻害する働きをします。

女性の薄毛で最も多いのは「びまん性脱毛症」

日本人女性総人口6448万人のうち、10人に一人が薄毛で悩みを抱えています。
女性の薄毛で最も多いとされるのが「びまん性脱毛症」です。
頭部を中心に全体が薄くなり、次第に髪の隙間から地肌が透けて見えてきます。

びまん性脱毛症は20歳以上の女性約40%以上の方が一度は発症すると言われており、
それ以外の脱毛症も含め最近では中高年だけではなく20~30代の若い世代でも発症するケースもあります。
その原因として生活習慣の乱れ等から発生する場合も多く、
食生活や睡眠などを改善することで解消される場合もあります。

脱毛の主な原因

  • ●冷え性から派生する血行の不良
  • ●過剰なストレス
  • ●寝不足などの生活習慣の乱れ
  • ●タバコやお酒
  • ●運動不足
  • ●髪への負担が大きいパーマやヘアカラー
  • ●ダイエットによる栄養不足
  • ●リウマチ
  • ●妊娠、または授乳期

親和クリニックは男性女性問わず頭髪にかかわるお悩みを解決致します。
あきらめずに是非一度、専門ドクターに相談いたしませんか?

logo
無料メール相談
カウンセリング予約