トップページ正しいシャンプーの仕方

正しいシャンプーの仕方

しっかり洗髪することも大事

①シャンプーをする前にたっぷりお湯を使って髪を濡らします

髪をしっかり濡らすことで、シャンプーの泡立ちを良くし、
摩擦などの刺激を減らすことで髪への負担を減らしていきます。

②シャンプーは、一度手で泡立てる

直接シャンプーを髪につけると、シャンプーがついていない部分の摩擦が大きくなります。
一度手で泡立てから髪全体に広げていきましょう。

③爪で頭皮を傷つけないよう気を付ける

シャンプーは爪を立てて行うと頭皮を傷つけてしまいますので、指の腹で行いましょう。
力の入れすぎも余計な負担がかかってしまいますので、マッサージしながら洗髪するようにしましょう。

④シャンプー、コンディショナーはしっかり洗い落としましょう

シャンプーやコンディショナーは落としたつもりでも、頭皮に残っている場合があります。
毛穴が詰まる原因にもつながりますので、しっかり洗い落としましょう。

⑤洗髪後は髪を十分に乾かす

髪が濡れているとキューティクルが痛みやすくなってしまいます。
そして、濡れたままでいると皮脂と湿った場所を好む「雑菌」が繁殖し、ふけ等が
かゆみを引き起こしたり、頭皮の炎症に繋がってしまうこともあります。

logo
無料メール相談
カウンセリング予約