トップページAGAに掛かりやすいタイプ

AGAに掛かりやすいタイプ

遺伝

医療機関外での購入について父親が禿げていると、子供も禿げやすいというのは本当です。
AGAも遺伝の要素がかなり含まれています。
AGA自体が遺伝しているのではなく、AGAになりやすい体質が遺伝していることを意識しましょう。

脂っこい食事が好き
運動が嫌い
酒とタバコなど身体に悪いことが好き

など、髪に悪影響をもたらす行動が遺伝していることが多いです。
タバコとアルコールは髪の抜け毛に特に大きくからんでいます。
血流の流れを悪化させたり、発毛作用を遅らせる原因にもなりえます。
また、父親がAGAでなくても自分がなってしまう可能性も大いにあります。
直性遺伝より隔世遺伝の要素が強いと言われているため、祖父がAGAだった場合、
発症してしまう可能性は高いようです。

食生活

法律関係(厚生労働省)牛肉・豚肉などの肉類、牛乳・チーズなどの乳製品。
このような動物性食品を日常的に多量に摂取していると、男性ホルモンの分泌がさかんになり、脱毛にかかりやすくなります。
また、脂肪分の高い食事ばかりしていると、血流が悪くなり、
毛母細胞に栄養が届きにくくなるという側面もあります。
AGAを予防・改善するためには野菜や穀物類が中心の食生活に変えていったほうが良いでしょう。

運動不足

医療機関外での購入について運動をしなくなってしまうと、皮脂の分泌が増え、毛穴が塞がってしまいます。
すると毛が細くなり、抜けやすくなるという現象が起こります。
軽いジョギングやウォーキングなどの運動をすることによって、
血流の循環もよくなり、汗をかいて毛穴につまった老廃物を
排出することができます。
ストレス発散にもなるので、AGAの予防・改善にはうってつけです。
軽い運動でも良いので日頃から行っていくようにしましょう。

ストレス

法律関係(厚生労働省)ストレスを過剰に感じてしまうと、自律神経が緊張し、血管の収縮が起こります。
すると血行が悪くなってしまい、髪の毛の基である毛母細胞に栄養分が行き届かなくなってしまうので、注意が必要です。
また、ストレスを感じると人間はアドレナリンを大量に分泌します。
アドレナリンは頭皮から生成される皮脂を毛穴につまりやすく取れにくい過酸化脂質に変える働きがあるので、さらなるAGAを引き起こす原因となります。

logo
無料メール相談
カウンセリング予約