トップページAGAってなに?

AGAってなに?

AGAとは?

AGAはAndrogenetic Alopeciaを略したもので男性型脱毛症を意味します。
20代、30代などの男性に多く見受けられる脱毛タイプを指します。

全国に1260万人の男性がAGAを発症し、
その中で薄毛への対処を行ったことがある人は650万人いると言われています。
早期に対策をすれば高い確率でAGAは改善することができるでしょう。

AGAで多く見られる5つの症状

医療機関外での購入について

AGAを発症した方で多く見受けられる症状が5つあります。

・毎日のようにたくさんの毛が抜ける
・ハリのない細い毛・産毛が多い
・毛が伸びてこない
・頭皮が脂っぽい
・ボリュームがなくなり、地肌が透けて見えてしまう

上記のうち1つ、複数の症状を訴える人がほとんどです。
ですが、適切な治療を施すことで改善できるので、
原因・対策をしっかりとチェックしておきましょう。

AGAが発生する原因は?

なぜAGAが若い男性にも起きてしまうのか?
一般的に遺伝・男性ホルモン・ストレス・生活習慣などがAGAの原因と言われています。
あなた自身と照らしあわせ、少しずつ改善していきましょう。

やはり遺伝なのか?

最近では薄毛に関連する遺伝子が発見されるなど、
「薄毛は遺伝する」という説が色濃くなってますが、
まだ詳細について断言することはできません。

簡単に言うと、男性型脱毛症(男性ホルモン性脱毛症)は、
アンドロゲン値が正常にある場合に発症する遺伝性の疾患です。

その遺伝子は、母親と父親のどちらかから引がれる可能性と言われています。
脱毛症の発症時期、進行度、重症度は予測不能です。

脱毛の重症度は年齢を重ねるごとに高くなり、
一定の条件が整えば進行性となるため、停止することはありません。
ただ、遺伝は対策の仕様がないので、他の部分をリカバリーするようにしていきましょう。

男性ホルモンの「ジヒドロテストステロン」

AGAは男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)が大きく影響しています。
抜け毛が多い頭皮の部分には多量のDHTを確認することができます。
DHTが毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体と結合すると、
ヘアサイクルが乱れ、毛の成長する期間が終わってしまうのです。

すると、毛が太く長く成長する前に抜け落ちてしまい、
細く・ハリのない毛だけが頭皮に残り、薄毛が目立つようになるのです。

生活習慣は大丈夫ですか?

髪・頭皮の状態を良好に保つには、生活習慣を改善していくことが必須です。
発毛効果の高い薬を使用しても、身体の状態が悪いとしっかりと効果を感じることができなくなります。
あなたは髪の毛に優しい生活をできていますか?

・栄養バランスの悪い食生活
・アルコールの多量摂取
・運動不足
・睡眠不足
・喫煙

以上のことは頭皮に悪影響を与え、抜け毛が起きやすくなるので
治せるところは治していきましょう。

ストレス発散できていますか?

AGAはストレスとも太い関係があると考えられています。
多大なストレスを感じると血行が悪くなり、
毛根に充分な栄養が運ばれなくなってしまいます。

すると髪も成長しづらくなってしまうのです。
他にも毛母肝細胞の数が減少し、
髪が細く・伸びなくなることも言われています。

人間関係、家庭環境など現代社会において、
ストレスを感じてしまうポイントはたくさんあるかと思いますが、
空いた時間を見つけて、ストレスを発散させていきましょう。

自分の趣味に没頭するのも良いですし、
ウォーキングやストレッチなどもストレスを解消する効果が
血行も促進されるので積極的に取り入れていきましょう。

>>AGAの進行へ

AGA治療は親和クリニックにお任せください。

親和クリニックのAGA治療薬は 日本分子毛髪科学研究所と
福岡大学医学部総合医学研究センター 中山樹一郎教授が共同開発した
世界で唯一のオリジナル育毛剤です。

また、発毛成分を最大限に発揮するために
最新医療機器「エレクトロダームアドバンス」が用いられています。

そして、何よりも最高の技術を持つドクターが施術を行います。
他のクリニックとはレベルの違う発毛効果を実感できるでしょう。

髪を太く・長く成長させたいという方は
無料カウンセリングから治療についてご相談くださいませ。

logo
無料メール相談
カウンセリング予約