トップページ薄毛の対処法

薄毛の対処法

対処法 内容
カツラ 根本的な問題解決になるかは疑問が残りますが、薄毛を隠すには確実です。
着用した瞬間に隠せるので、即効性は優れています。

あくまで人口の髪の毛なので、どんなに優れているカツラでも
自然さには欠けるでしょう。

決して一生使えるものではなく、2~3年での交換が必要となり、
年間30万円以上のコストがかかってきます。
育毛・発毛剤 市販の育毛・発毛剤は医学的に発毛効果が証明されていません。
気軽に開始できるという利点もありますが、
何年続けてもまったく髪が生えてこないということも十分に考えられます。

根気よく続け、髪が生えてきた場合は自然な仕上がりになるでしょう。
ただ、育毛・発毛剤の使用をやめた途端に抜け毛が多くなったという
事例も多いです。
人工毛植毛 確実に薄毛は改善できますし、人工毛と言えども1本1本手作業で毛穴に
植え込んでいくのでかなり自然な仕上がりになります。

ただし拒絶反応が起こる可能性が非常に高いため、頭皮が炎症を起こす危険性も
あります。
アメリカでは人工毛植毛を禁止するという法律も定められていることから、
その危険性も決して低いものではないという事が見えてきます。

手術は1日で終わるため即効性はありますが、定期的にメンテナンス・再手術を
する必要があるため、莫大な費用がかかります。
服用薬
(プロペシア)
現在、服用薬の中で最も高い発毛効果が認められています。
ただし、効果があるのはAGAのみで円形脱毛症や薬の副作用による
薄毛には効きません。

アメリカのFDA(日本でいう厚生労働省)など世界中で認可された医薬品で
安全性も高く、自然な髪の毛を手に入れる最も効果的な方法と言えるでしょう。
個人差もありますが、平均的には六ヶ月ほどで効果を体感できます。
外用薬
(ミノキシジル)
血行促進・血管拡張作用により毛根が活発化し、
太く・長く毛が成長する効果が期待できます。
生え際・前頭部を発毛させるのは難しいと言われてますが、
高濃度のミノキシジル薬品で改善したとの報告も多いようです。

安全性も高く、アメリカのFDA(日本でいう厚生労働省)など
世界中で認可されている薬品です。
個人差はありますが、早い人は90日ほどで効果を実感できます。
自毛植毛 自分自身の髪の毛が生えてくることを実感できます。 薄毛を改善する上で非常に有効な手段と言えるでしょう。
自身の髪の毛なので自然さも問題ありません。

人工毛と違い、自分の髪の毛を移植しているため拒絶反応も起こりづらく、
身体の負担も少ない安全な手術法です。
自毛植毛の手術をして半年後には薄毛を完璧に改善することができます。
logo
無料メール相談
カウンセリング予約