トップページ親和クリニックのAGA治療

親和クリニックのAGA治療

医療機関外での購入について フィナステリド・ミノキシジル ナノ化ミノキシジル nano

共同開発のオリジナル発毛・育毛剤で脅威の発毛力

ノーニードル育毛メソセラピー 親和クリニックでは、日本分子毛髪科学研究所と
福岡大学医学部総合医学研究センター 中山樹一郎教授が共同開発した
オリジナル発毛・育毛剤も使用しております。

当院のノーニードル発毛メソセラピーは、
針のない注射器と呼ぶ「エレクトロダームアドバンス」という機械を使い、
電気を皮膚に通すことで皮膚と皮膚との間に隙間を開け、
その隙間からオリジナル発毛・育毛剤を頭皮の深い層に浸透させることができます。
この皮膚が開く状態は、数分でもとの状態に戻りますので、導入された育毛剤は
余すことなく頭皮全体に広がっていきます。

エレクトロダームアドバンスは、普段ニキビなどの肌治療でも良く利用されており、
傷などの心配もいらず、治療後はダウンタイムもなくすぐに日常に復帰できます。
他のクリニックでは決して受けられない最新のAGA治療。
今まで何をしても発毛効果を実感できなかった方も是非お試し下さい。

>>エレクトロダームアドバンス



純正プロペシアで抜け毛を減らす

プロペシア AGAの原因の一つとして挙げられるのが
男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)
DHTが大量に生成されると毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体と結合し、
成長期の状態の毛を退行期・休止期に移行させる信号がだされます。

すると、髪が十分に長く・太く成長する前に抜け落ちてしまい、
頭皮には細くハリのない毛・産毛しか残らなくなり、
薄毛が顕著に目立つ現象「AGA」が起こるのです。

実際に薄毛・脱毛症が起きている部分には多くのDHTが確認されています。
プロぺシアは、フィナステリドというDHTが生成されるのを防ぐ働きがあるのです。
DHTは5α-還元酵素によってテストステロンが変換されることでDHTは発生するのですが、
プロペシアは5α-還元酵素の働きを抑え、DHTが作られない体質へ変えていきます。

プロペシアの服用を続けていると、
毛周期も正常に整えられて成長期の期間が長くなります。
すると、細い毛・産毛にコシが出てきたり、
休止期の毛穴からも毛髪が復活して生えてくることがあります。

ただ、勘違いしがちな方も多いのですが、
決して髪の生えるスピードが早くなるということはありません。
プロペシアは毛周期を正常に整えて抜け毛を減らすものと認識した方が良いでしょう。

プロぺシア単体の服用ではなく、
他の発毛促進効果の高い薬剤と併用することがAGA治療は効果的です。
親和クリニック、プロペシアの処方に合わせて、
ロゲインやノーニードル育毛メソセラピーの施術を受けることを推奨しております。

>>フィナステリドについて



ミノキシジルで発毛を促進

親和クリニックは施術にミノキシジルを用いております。
ミノキシジルは日本皮膚科学会で発毛効果に対して
最高ランクの評価を受けています。

ミノキシジルはもともと血管拡張剤として
高血圧の方に処方されていましたが、
副作用で多毛症が見られたためにAGAの治療薬でも使われるようになりました。

過去に行われた臨床試験ではミノキシジル5%を48週間服用し続けた結果、
約98%もの人が薄毛を改善したというデータが残っているほど高い発毛効果を誇ります。

市販でもミノキシジル配合の育毛剤は販売されていますが、
1%~2%ほどしか含まれていないものが多く、
クリニックで採用しているものと比べると発毛効果の違いは明らかです。

>>ミノキシジルについて

logo
無料メール相談
カウンセリング予約